降水予報
天気予報
管理メニュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. お湯割り

    お湯割り

    2013-05-29 (Wed) 21:47

    いや~、きつかったですよ~
    でも濃ゆ~い1日でした。

    来年も行きますよ、来年も!
  2. どてんこR

    どてんこR

    2013-05-29 (Wed) 21:57

    お湯割さん>>想像以上だったんじゃ。
    この辛さは言葉ではなかなか伝わるもんじゃないんで。

    一緒にどMトレしましょうね~。(笑

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

263

回想!

PAP_4553-1_20130529211820.jpg
筋肉痛なのか?日焼けのせいなのか?はたまた、現実逃避症候群なのか、体がシャキッとしません。

忘れないうちにレースを振り返っとかないと!


スタート位置は、グランド入ってすぐのR中間点。「こりゃ渋滞にはまるなあ~。」ってRR氏とぼやいてましたが、先導車のペースが良かったのか?徐々に前に出れて、オフロードに入る際の渋滞は避けられました。

体が温まるまで、軽いギアで淡々と上っていきますが、ヒルクライマーのお湯割りさんがペースをあげてたので、ここで頑張っちゃうと後がもたないと思い「まだ早いよ~」って一言かけて。

景色が開けてきた頃から、5~6人のグループになり、「しかしいい天気ですよね~。」「カラカッラなんで下りは怖そうですよね~」なんて言葉交わしながら最初のピークへ。

でっかい熊さんと思われるウ○コがあったときは、みんなで大笑いして。(笑

下りに入って、「一丁飛ばしますか!」って気合を入れますが、思ったとおり、乾燥バリバリの細か~い砂が厄介で、いきなりフロントすくわれそうになって、慎重モードに。この辺は29のオフ下りトレ不足なんでしょうね。

そんな自分を物凄~いスピードでカッ飛んでいった八幡浜ジャージの方にはビックリ!
聞けば「八幡浜Jコース」がホームグランドだそうな。(納得

第1CPまでは、快調そのもの。ここをスルーして少しの登りをこなせば長い下り。
ここもスリッピーなところあったんで、いつもより慎重に。
湖畔の平坦路で羊羹1本摂取して、ゼリーも、ってザックのウエスト部をゴソゴソしますが、思うように出てこない。めんどくさいのも手伝って、そのまま第2CPへの上りへ。
ここから樹木帯に入り、景色も良くないので気持ちが滅入ります。乳酸除去のために、同じ斜度でもギア変えたり、ダンシングを交えながら。

第2CPもスルーして、ガレガレの上りへ。重機が入ったのか、思ったより路面状態が良くて「こりゃ良いね。」って思ってましたが、さすが王滝。中盤以降はいつもの路面でした!
気が付けば前後に選手の姿もなくなって、黙々とペダルを漕ぐのみ。辛かったですね~。

第3CPで休憩するか迷いましたが、「無休憩もカッコいいかも?」ってお馬鹿な考えでスルー。(笑
結局、直後の激坂頂上部で」降りた以外はずっとサドルの上にいました。

80キロ地点の大嫌いな鋭角に切り返した後の激登りをインナーローで淡々とこなして、「頂上部はまだか~」ってブツブツ言いながら最後の力振り絞って、ゴールまでの長い下りをゴリゴリ踏み倒しましたが、6時間30分にわずか届かず。

王滝、特に5王は登りに強くないとタイム短縮できないことを痛感しました。

重点トレに組み入れるつもりですが、リベンジは今年にするか、来年の5王か、しばらく考える事とします。


なにせ、オッサンは後があまりないんで。(切実


2

Comment

  1. お湯割り

    お湯割り

    2013-05-29 (Wed) 21:47

    いや~、きつかったですよ~
    でも濃ゆ~い1日でした。

    来年も行きますよ、来年も!
  2. どてんこR

    どてんこR

    2013-05-29 (Wed) 21:57

    お湯割さん>>想像以上だったんじゃ。
    この辛さは言葉ではなかなか伝わるもんじゃないんで。

    一緒にどMトレしましょうね~。(笑

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。